珈琲の焙煎。


焙煎をした珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。

生豆は「ブラジル フォルハドス」 220gを使用し、110gずつ2回に分けて焙煎を行いました。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い、汚れと皮を取り除きました。
b0035506_18181693.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上側、一回目に焙煎(焙煎時間は約14分)した豆で、2ハゼの開始直後に焙煎を終了しています。
盆の下側、二回目に焙煎(焙煎時間は約15分)した豆で、2ハゼ開始から15秒で焙煎を終了しています。
b0035506_18205927.jpg

焙煎後の珈琲豆の拡大写真です。
写真左が一回目に焙煎した豆で、写真右が二回目に焙煎した豆です。
両豆ともに、豆は綺麗に膨らんでいます。

明日、飲むのが楽しみです。
[PR]
by naru8090 | 2007-05-27 18:30 | 珈琲


<< ”分子模型”の作成。 ”正方形の板”と”正三角形の板... >>