珈琲の焙煎。


焙煎をした珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。

焙煎をした生豆は、、「モカ ジェマドロ」 240g、「モカ イルガチョフG1」 120g、「ブラジル フォルハドス」 120g の合計 480gを、120g ずつ4回に分けて焙煎を行いました。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い、汚れと皮を取り除きました。
b0035506_19204296.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上側が「モカ ジェマドロ」、中央が「モカ イルガチョフG1」、下側が「ブラジル フォルハドス」です。
「モカ ジェマドロ」と「ブラジル フォルハドス」は、2ハゼが始まると同時に焙煎を終了しています、焙煎時間は約15分です。
「モカ イルガチョフG1」は、2ハゼが終了するまで焙煎をしました、焙煎時間は約17分です。
b0035506_19242397.jpg

焙煎済みの珈琲豆の拡大写真です。
写真左が「モカ ジェマドロ」、写真右が「モカ イルガチョフG1」です。
写真からは少し分かり難いですが、やはり「モカ イルガチョフG1」は、豆の見栄えが良いです。
こうやって盆の上に並べて見比べると違いがハッキリとわかります・・・う~む・・・。
b0035506_19265071.jpg

「ブラジル フォルハドス」の拡大写真です。

今回は、三種の豆とも1ハゼの音を聞き逃さず、1ハゼから2ハゼまでの火加減も上手くいった(ような気がします)ので、味にも期待が持てます。^^
明日飲むのが楽しみです。
[PR]
by naru8090 | 2007-03-18 19:30 | 珈琲


<< ”ひまわり”の作成。 森永のミルクキャラメルの包み紙... >>