”レイトン教授と不思議な町”。


任天堂の携帯ゲーム機「NintendoDS」のゲーム「レイトン教授と不思議な町」を従兄弟の兄から借りました。
b0035506_18363085.jpg

「レイトン教授と不思議な町」です。
主人公のレイトン教授とその助手ルークの二人組みが、謎好きな人ばかりが住む町の不思議な事件を解く・・・というゲームです。
町の人から事件に関するヒントを貰うには、町の人の出す謎(パズル)を解いていかなければなりません。(このゲームの中には100問以上の謎が入っているそうです)
そして、その謎(パズル)を監修しているのは、パズル本「頭の体操シリーズ」で有名な多湖輝さんです。

このゲームは、発売前から気になっていたゲームで”買おうかなぁ、どうしようかなぁ・・・”と物凄く迷っていたので借りられたのは嬉しいです。
早速プレイしてみましたが、絵が可愛くて、ストーリーもそんなに難解でもなく、出題される謎もほどよい難易度で(まだ30問ぐらいしか解いていませんが^^;)、これは良いゲームです、面白いです。^^
これは、PC98のゲーム”芦ヶ原伸之のパズルトピア”以来のパズルゲームのヒット作かもしれません。

ちなみに「レイトン教授と不思議な町」の公式ページからWeb上で出来る体験版が公開されています。
このゲームが気になっているお方は是非体験版をやってみてください~。^^

さて・・・どんどん進めていこう・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-02-21 19:00 | パズル


<< 五角柱の積木を折り紙で作成する... 布施知子さんの本「立体万華鏡」... >>