珈琲の焙煎。


焙煎をした珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。

焙煎をした生豆は、「モカ ジェマドロ」 100g、そして「ブラジル フォルハドス」 100gの合計 200gです。
100gずつ2回に分けて焙煎を行いました。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い、汚れと皮を取り除きました。
b0035506_18374650.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上側が「モカ ジェマドロ」、下側が「ブラジル フォルハドス」です。

焙煎時間は共に約16分で、2ハゼが始まると同時に焙煎を終了しています。
b0035506_1839362.jpg

珈琲豆の拡大写真です。
写真左が「モカ ジェマドロ」、写真右が「ブラジル フォルハドス」です。

今回は、二度の焙煎で二度とも1ハゼの音を聞き逃してしまいました。
毎回焙煎時には、1ハゼの音を聞き逃さないように注意をしているのですが、今回は1ハゼの音が全く聞こえませんでした。
いつの間にか1ハゼを通り越し、2ハゼの音が聞こえてきて、”あれ?1ハゼの音がまだしてないのに?”と思い、そこで焙煎を止めました。
焙煎を終了した豆を見たところ、表面的な豆の状態は問題がなさそうなのですが・・・、問題は豆の内側ですね・・・。
とりあえず飲むのは明日になりますが・・・上手く煎れているかなぁ・・。^^;
[PR]
by naru8090 | 2007-02-08 18:46 | 珈琲


<< 五角柱の積木を折り紙で作成する... ボードゲーム”abalone”... >>