珈琲の焙煎。


焙煎した珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。

焙煎をした生豆は、「モカ イルガチョフG1」 240g を 120gずつ二回に分けて焙煎を行いました。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い、汚れと皮を取り除きました。
b0035506_19472452.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上側下側共に、2ハゼ開始直後に焙煎を終了しています。
焙煎時間は共に約15分です。
b0035506_19521871.jpg

焙煎豆の拡大写真です。
写真左が盆の上側で写真右が盆の下側です。

これでもう何度も「モカ イルガチョフG1」を焙煎してきましたが、相変わらずこの豆は焙煎がし易いです。
1ハゼの音が大きく分かり易いですし、焙煎後の豆の膨らみ方も非常に綺麗です。
他の豆と比べると確かに生豆も綺麗なのですが・・・一体、何故生豆によってこんなに違いが出てくるのか・・・不思議です・・・。
まあ、ともかく明日飲むのが楽しみです。
[PR]
by naru8090 | 2007-01-26 20:03 | 珈琲


<< ”正20面体の星”の作成。 明治のCHELSEAのBUTT... >>