珈琲の焙煎。


焙煎した珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。

焙煎をした生豆は、「モカ イルガチョフG1」 120g と「モカ ジェマドロ」 120g、そして「ブラジル フォルハドス」 120gの合計 360gです。
120gずつ3回に分けて焙煎を行いました。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い、汚れと皮を取り除きました。
b0035506_1982480.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上側が「モカ イルガチョフG1」で、中央が「モカ ジェマドロ」、下側が「ブラジル フォルハドス」です。

「モカ ジェマドロ」と「ブラジル フォルハドス」は、2ハゼが始まって約30秒後に焙煎を終了しています。(約 17分)
「モカ イルガチョフG1」は、2ハゼが完全に終了してから約1分30秒で焙煎を終了しています。
b0035506_1914326.jpg

珈琲豆の拡大写真です。
写真左が「モカ イルガチョフG1」で、写真右が「モカ ジェマドロ」です。
「モカ イルガチョフG1」は炭になる一歩手前まで焙煎していますので、流石に色が黒いですね~。
炭になる一歩手前まで焙煎したのは初めてなので、明日飲むのが楽しみです。^^
b0035506_19185091.jpg

「ブラジル フォルハドス」です。

写真では、なかなか伝わり難いですが、こうやって豆を三つ並べてみると、やはり「モカ イルガチョフG1」が一番綺麗ですね~・・・形も、豆の膨らみ具合も・・・。
う~む・・・やはりスペシャリティ珈琲というレッテルは伊達ではないのかなぁ・・・う~む・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-01-02 19:22 | 珈琲


<< 従兄弟同士での新年会? ”吹きごま1”と”吹きごま2”... >>