珈琲豆の焙煎。


焙煎をした珈琲豆が尽きてしまったので、新たに焙煎を行いました。

焙煎をした生豆は、「モカ ジェマドロ」 100g と「ブラジル フォルハドス」 100g、合計 200gです。
100gずつ二回に分けて焙煎を行いました。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い、汚れと皮を取り除きました。
b0035506_19103343.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上側が「モカ ジェマドロ」、下側が「ブラジル フォルハドス」です。
焙煎時間は「モカ ジェマドロ」が約18分(2ハゼが完全に終了するまで)で、「ブラジル フォルハドス」が約16分(2ハゼ開始と共に焙煎終了)です。
写真ではわかりにくいのですが、実際はかなり豆の色が違っています。
b0035506_19124261.jpg

拡大写真です。
写真左が「モカ ジェマドロ」、写真右が「ブラジル フォルハドス」です。

今回は、両方共に1ハゼの音が大きく、大変焙煎がし易かったです。
毎回毎回、このぐらいの音が鳴ってくれると良いのですが・・・。
明日、飲むのが楽しみです。
[PR]
by naru8090 | 2006-12-04 19:22 | 珈琲


<< 大人の科学マガジン Vol11... ジーナ社の積木”ハニカム”を作... >>