”ブラジル フォルハドス”の焙煎。


焙煎した珈琲豆が尽きたので、珈琲豆の焙煎を行いました。
「モカ ジェマドロ(網干し)」 か「ブラジル フォルハドス」のどちらにしようかと迷いましたが、以前「モカ イエガチョフG1」を焙煎していたので、連続でモカはな~(気分の問題ですが^^;)と思い、今回は「ブラジル フォルハドス」を焙煎することにしました。
b0035506_18592266.jpg

「ブラジル フォルハドス」の生豆です。
200gを100gずつ二回に分けて焙煎します。
生豆は、焙煎前に48℃のお湯で皮と汚れを洗い流しました。
b0035506_1915716.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。

今回は、焙煎具合を変えてみました。
焙煎一回目は、2ハゼが完全に終わるまで焙煎を続けました、焙煎時間は約18分です。(盆の上側)
焙煎二回目は、2ハゼが始まると同時に焙煎を終了しました、焙煎時間は約16分です。(盆の下側)
写真では分かり難いのですが、盆の上側の豆と下側の豆ではかなり色が違います。
b0035506_198897.jpg

一応拡大写真を撮りました。
写真左が盆の上側、写真右が盆の下側です。
拡大写真でも、色の違いが分かり難いですね・・・実物を見れば一目瞭然なのですが、写真の撮り方というのは難しいものですね・・・。^^;
[PR]
by naru8090 | 2006-09-13 19:10 | 珈琲


<< 不可能物体”ハイパーカード”の作成。 川村みゆきさんの本「多面体の折紙」。 >>