”不可能物体”と”数字ルービックキューブ”と”PUZZLART”。


何か面白そうなペーパークラフトは無いかと探していたところ、よくパズルを買わせて戴いている「葉樹林」さんのサイトの「葉樹林日記」のページの「2006年 8月 7日 (月)」の記事で取り上げられている不可能物体を発見しました。
更にその日記のコメントで、不可能物体を作成するための設計図(PDFファイル)をfukushimakazuoさんが公開してくださっているではありませんか!
これは是非作ってみたい!ということで、早速ダウンロードをして作成してみました。
b0035506_19332216.jpg

手前が凸で後ろが凹の不可能物体です。
この物体、芦ヶ原伸之さんの本「究極のパズル」の表紙で見たときから一体どういう構造になっているのか非常に不思議だったのですが、作ってみて納得しました。
ペンローズの三角形も凄いと思いましたが、これも凄いですね~。
この写真を見て不思議に思ったお方は是非作成してみてください、簡単に出来ますし非常に面白いです、お薦めです。^^

スーパーに並んでいるガシャポンの中に、キューブ形パズルのガシャポンがありました。
一回100円で色々なルービックキューブの小さいバージョンが手に入る、ということで一度やってみました。
b0035506_1941459.jpg

結果「数字ルービックキューブ」をGetしました。
色を数字に変えただけですが、結構印象が違うものですね、なかなか面白いです。
しかし、不親切なことに”遊び方の説明”が付いていませんでした。
果たしてこれは各面に同じ数字を9つ集めるのか、各面に1~9までの数字を重複しないように集めるのか、どちらなのでしょうか?
それともどちらの遊び方でも出来るのでしょうか・・・?う~む。^^;

b0035506_19515725.jpg

芦ヶ原伸之さんの本「PUZZLART パズルの回帰線」です。
ヤフーオークションにて芦ヶ原伸之さんの本が出品されていたので喜んで入札したところ見事落札できました。^^
隠し絵や東洋ガラスのフード・パズルシリーズの製作話やパズルポット・・・この本も面白いです。
絶版になっているのが本当に残念です。
[PR]
by naru8090 | 2006-08-16 19:57 | パズル


<< "Magic Ros... 珈琲の焙煎。 >>