珈琲の焙煎と、小型扇風機。


焙煎した珈琲豆が尽きてしまったので、焙煎を行いました。
使用した豆は「ニカラグア サンタクララ」 100g と「ブラジル スクリーン18クルゼイロ」 100gです。
生豆は、焙煎をする前に48℃のお湯で洗い、皮と汚れを取りました。
b0035506_19254097.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上が「ニカラグア サンタクララ」で、下側が「ブラジル スクリーン18クルゼイロ」です。
共に、2ハゼが始まって20秒ぐらいで焙煎を終了しています。
焙煎開始から終了までの時間は、16分~17分の間です。

b0035506_1930148.jpg

やっと、小型扇風機が手に入りました。
100円ショップで購入しました。

これで楽に微粉・シルバースキンを吹き飛ばせる・・・と思ったら、この小型扇風機は少々変わっていました・・・。
何処が変わっているのかといいますと、この扇風機、扇風機の正面に風を送らないのです。
後ろ向きに風を送ってしまうのです。^^;
写真で言いますと、扇風機より右方向に風を送らず、左方向に風を送るのです。

まあ、微粉・シルバースキンを吹き飛ばす、という目的は達成できるので問題はないのですが、この”後ろ向きに風を送る”というのが意図された仕様なのか、それとも不良品なのか、が気になります。

扇風機のパッケージには、”スポーツ観戦に”という文句が書いてありました・・・となると、「後ろ向きに風を送る」というのは仕様なのでしょうか・・・う~む・・・。
[PR]
by naru8090 | 2006-07-02 19:44 | 珈琲


<< 大人の科学マガジン Vol12... "Magic Ros... >>