正十二面体の星型とフラストレーションキューブ。


川村みゆきさんの本「はじめての 多面体おりがみ」のP79で紹介されている”正十二面体の星型”を作ってみました。

b0035506_183602.jpg

この30個のユニットを使用して、”正十二面体の星型”を作ります。。
ちなみに、このユニットは、正四面体・立方体・正八面体の星型で作ったユニットと同じ形のものです。。
これで、このユニットを合計60個作ったことになります・・。^^;

b0035506_18364377.jpg

上の30個のユニットを組み合わせて作成した「正十二面体の星型」です。
もちろん、接着剤もテープも使用していません。。
この形で安定をしています。。
この正十二面体の星型、非常に見栄えが良い物なのですが、、残念なことに、少し頂点がズレています・・・まだまだ修業が足りませんね。。


あそびをせんとや」さんのページの「以前の「ひとこと」 : 2001年9月後半」の「9月16日(日) フラストレーションキューブ」で紹介されている、6個のユニットを組み合わせて作る六面体を作ってみました。
b0035506_18402986.jpg

「フラストレーションキューブ」です、、6個のユニットの写真を撮り忘れました。。^^;
もちろん、接着剤もテープも使っていません、この形で安定をしています・・かなり頑丈です。。

「あそびをせんとや」さんで、、、
”フラストレーションキューブという名前は、完成してはじめて安定する構造であるため、組むのが厄介でイライラするため名付けられたそうです。”
、、と紹介されている通り、組むのが少々厄介でした、何度も形を崩しながら、なんとか組めました。。

しかし、組みあがってみると、この六面体は綺麗です・・・これは興味のあるお方は是非作ってみてください・・・組むのに少しイライラするかもしれませんが・・・。^^;

珈琲の焙煎、本日は出来ませんでした、、明日できるかなぁ・・・。
[PR]
by naru8090 | 2005-09-04 18:47 | 折り紙


<< ミウラ折りとCD/DVDケース... ENOSHIMA AQUARIUM >>