珈琲の生豆のハンドピック。


前に購入した生豆のハンドピックを行いました。
b0035506_1814036.jpg

ハンドピックを行った生豆は、「ニカラグア サンタクララ」・「モカ ラッコマウンテンG2」・「ブラジル スクリーン18クルゼイロ」の三種類、いずれも2kgです。

b0035506_1841557.jpg

ハンドピックで生き残った(焙煎に使用できる)豆です。
写真左から順に、「ニカラグア サンタクララ」・「モカ ラッコマウンテンG2」・「ブラジル スクリーン18クルゼイロ」です。

b0035506_184323.jpg

こちらは、ハンドピックで取り除かれたクズ豆です。
各生豆のクズ豆の量と合計は、次の通りです。。

ニカラグア サンタクララ ・・・ 80g
モカ ラッコマウンテンG2 ・・・ 65g
ブラジル スクリーン18クルゼイロ ・・・ 55g

合計 200g

ハンドピックをする前までは、サンタクララが一番綺麗な豆だろうな~・・・と思っていたのですが、予想に反して、サンタクララが一番豆の状態が悪かったです、、もう少し厳しくハンドピックをしたら、捨てる豆が100gを超えていたかもしれません・・・。^^;
一番豆が綺麗だったのが、ラッコマウンテンG2でした・・・ただ、中身ゴソッと抜け落ちて外側だけが残っている状態の豆(貝殻豆?)が多いのもラッコマウンテンG2でした。
スクリーン18クルゼイロは、まあ、普通といったところでした。。

さて・・・どれから焙煎しようかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2005-08-29 18:15 | 珈琲


<< 立方八面体の地球儀。 正四面体のフレームと正八面体の... >>