届きました”脱酸素剤 エージレス Eタイプ”と、やってみました珈琲カップヌードル。。


月曜日に注文をした”脱酸素剤エージレス Eタイプ”が、昨日届きました。。
b0035506_20355022.jpg

”脱酸素剤エージレス Eタイプ”です。。
一袋に200個入っています、一つで 200g ~ 300g の焙煎豆に対応するタイプです。。

ただ一つ、問題があります、、このエージレス、一袋に200個、裸のまま入っています、そして、このエージレスは”空気に触れた瞬間から”効果を発揮するのです。。
この袋を破って、一つ二つエージレスを取り出して・・・さて、残りのエージレスをどうやって保管するか・・・有効な手を次の焙煎までに考えねば・・・。^^;

しかし、兎に角、エージレスが手に入って良かったです・・・これで色々と試せます。。^^


かなり前に、「みんなきてKOIKOI」さんのページの「お湯以外でカップメンを作る!そして食う!! 」の第一回のページにある、「コーヒー その1」・「コーヒー その2」を見て、、”コーヒーでカップヌードルを作るとは・・・なんという人だ・・・う~む、どんな味になるのか・・私もやってみたい。。^^;”と思いつつもなかなか実行する機会がなかったのですが、本日ついにやってみました。。
b0035506_20402119.jpg

というわけで、珈琲とカップヌードルを用意しました。
珈琲は、「ニカラグア サンタマルタ」と「ブラジル ピラピティンガ」のブレンドです、豆は共に深煎りです、、珈琲の抽出は、松屋式で行いました。
b0035506_2046931.jpg

珈琲をカップヌードルに注ぎ入れました。。
いつも普通のお湯で作ってる分、珈琲の黒さに違和感を感じます。。。^^;
b0035506_2048172.jpg

3分待って、出来上がりです。。
見事にスープが黒いです・・・まあ珈琲ですから当たり前ですが・・。^^;
右の拡大写真を見てもらえればわかる通り、具も珈琲の色が着いてます・・・。。

さて、早速食べてみました、、第一感想は、”塩っ辛い!”です、普通のお湯で食べたときは、あまり感じない塩辛さが前面に押し出されています、、、もちろん珈琲が塩辛いわけがありませんので、”カップヌードルはこんなに塩辛いものなのか”と再認識させられました。。
全体的には、”塩辛さ”と”珈琲の苦味とほのかな甘さ”がブレンドされた味です・・・もう少し塩分が控えめならば、珈琲カップヌードルはいけると思います・・・珈琲の香りもラーメンの味を邪魔していませんし、塩辛ささえ気にしなければ、全く違和感なく食べれます。。。
味が濃いのが好き、というお方には、”塩辛さ”が全面に出てくる、この珈琲カップヌードルは良いかもしれません・・・。

さて、後、、シーフードとカレー味のカップヌードルが目の前にあるのですが、、試すべきか試さざるべきか・・・。^^;
[PR]
by naru8090 | 2005-06-17 20:57 | 珈琲


<< 多面体と。。。 紙飛行機と折り紙ブーメラン。。 >>