珈琲ゼリーと脱酸素剤を。。


数日前に作った珈琲ゼリーが無くなってしまったので、また作りました。。
b0035506_1918021.jpg

珈琲豆は、「ニカラグア サンタマルタ」と「ガテマラ ローズオブオークランド」で、共に浅煎りです。。
珈琲は、松屋式で珈琲の原液を抽出したものを使用しています。
味付けは、少量の蜂蜜のみです。。


某珈琲掲示板を見ていたら、、”焙煎した珈琲豆の鮮度を保つのには脱酸素剤を入れるといいよ”、、という書き込みを発見しました。。
そして、インスタント珈琲でも脱酸素剤が入っているのと入っていないのでは鮮度に雲泥の差がある!という趣旨の文が続けて書き込みされておりました。。

私は、焙煎した珈琲豆を、ほぼ密封できる陶器の容器に入れてはおりましたが、、”脱酸素剤”のことまでは考えてはおりませんでした。
”脱酸素剤”で鮮度がそれだけ違うのならば、、一度やってみよう、、と思い、”脱酸素剤”のことを調べてみました、、そして発見しました。。
商品情報(脱酸素剤)
このページの、”エージレス”の”E”タイプ、コーヒー用とバッチリ書いてあります、、しかも説明を読むと、、”コーヒー用 酸素と炭酸ガスを同時に吸収するタイプ”、、まさに完璧ですね。。
しかし、”完全に密閉されませんと効果が得られませんのでご注意下さい。”、、この一文が気になります・・・私の持っている陶器の容器は、、さすがに完全密閉にはならないですから・・う~む・・・。

まあ、とりあえず、ものは試しと、この”E”タイプを買ってみようと、今度は通信販売のページを探したのですが、エージレスの”E”以外のタイプを売っている店は見つけたのですが、”E”タイプを売っている店が見つからない・・・。
そして、探しに探し回って、、やっと発見しました、、、ただし、”取り寄せ出来ます”の注釈入りですが。。^^;
脱酸素剤 エージレスのページ
このページで、売っている、エージレス”SA”タイプ、、3000個とか6000個の単位で書いてありますね、、う~む・・・この単位でしか買えないとなると、、辛いなぁ・・。。
とりあえず、、単価だけでも、問い合わせてみようかな・・・。


b0035506_19483766.jpg

「ちびギャラ」の「パタパタシールダス」、、また一枚引いてきました。。
前に引いたのと別の物が出ましたので、良かったです。。
この調子で、ダブり無しで全種類揃わないかな~。。^^
[PR]
by naru8090 | 2005-06-07 19:50 | 珈琲


<< コーヒー用の脱酸素剤を見積もっ... 折り紙と小さい紙飛行機を。。 >>