以前に作成した”正8面体”を繋げて輪を作る試み。 その5


その4”に引き続き、以前に作成した”正8面体”の形を閉じた立体になるように繋げました。
b0035506_183472.jpg

新たに作成した「正8面体」6個です。
ユニット数は、”正8面体”1個につき6個で合計36個です。
ユニットは5cm×5cmの折り紙で作成しています。
”正8面体”の形の組み立ての際に糊付け等は一切していません。

これらの”正8面体”を”その4”で作成した立体(”正8面体”11個を閉じた立体になるように繋げた立体)に繋げます。
b0035506_18374426.jpg

「正8面体」15個を閉じた立体になるように繋げたところです。
その4”で作成した立体に新たに作成をした”正8面体”を4個繋げました。
b0035506_18381957.jpg

「正8面体」15個を閉じた立体になるように繋げた立体を別の角度から見たところです。
この形になれば内部空間の形が分かるのではないかと期待をしていたのですが、残念なことに、この形になっても内部空間の形が理解出来ません。
”正12面体”のような気がするのですが、”変形12面体”のようにも見えます・・・う~む。
b0035506_18433445.jpg

更に立体を別の角度から見たところです。

そして、更に”正8面体”を2個追加して、
b0035506_18452626.jpg

「正8面体」17個を閉じた立体になるように繋げたところです。
後3個で目的の””正8面体”20個を閉じた立体になるように繋げた立体”になります。
今更ですが、濃橙色と橙色の2色は写真写りがイマイチ悪いですね・・・う~む、何故だろう。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2009-02-06 18:50 | 折り紙


<< 購入した千代紙。 以前に作成した”正8面体”を繋... >>