12回巻きと18回巻きの”オウム貝”の作成。


布施知子さんの本「おりがみ 四季折々」のP64~P65で紹介されている、”オウム貝”の12回巻きと18回巻きを作成しました。
b0035506_19103578.jpg

「オウム貝」の12回巻きです。
15cm×15cmの折り紙1枚で作成しています。
一見すると平面に見えますが、見事に立体の”オウム貝”になっています。
これは面白いと思い、この12回巻きに続き、18回巻きの”オウム貝”も作成しました。
b0035506_19133229.jpg

「オウム貝」になる一歩手前の状態です。
この状態から後2折りで、18回巻きの”オウム貝”が完成します。
この”オウム貝”になる一歩手前の螺旋構造がとても綺麗だったので写真に撮りました。
折り線は、他の螺旋作品同様に非常に単純なのですが、この立体感と螺旋構造は本当に見事です・・・う~む、綺麗だ。
b0035506_19175917.jpg

「オウム貝」の18回巻きです。
15cm×15cmの折り紙1枚で作成しています。
写真1枚目の12回巻きのものよりも斜めの折り線が増えていて全体の大きさが少し小さくなっています。
b0035506_19175144.jpg

12回巻きと18回巻きの「オウム貝」を並べました。
見事な螺旋模様です。
こうして並べてみると仙人が乗る雲のようにも見えますね・・・う~む、面白い。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2009-01-28 19:23 | 折り紙


<< ”巻貝 <A>”の作成。 再び、”吉本キューブ”の作成。... >>