不二家の”Milky”の包み紙を使用して”福山ローズ”と”ダビデの星”の作成。


久しぶりに”福山ローズ”と笠原邦彦さんと前川淳さんの本「ビバ!おりがみ」のP50~P51で紹介されている、前川淳さんの作品”ダビデの星”を作成しました。
b0035506_18474590.jpg

「福山ローズ」です。
使用した紙は、不二家のミルクキャンディ”Milky”の包み紙を正方形に整形をした紙1枚です。
正方形に整形前の包み紙の大きさは、約6.5cm×8.9cmで、正方形に整形後の大きさは約6.5cm×6.5cmです。
後2mm、横の長さが長ければ(9.1cmならば)1:√2の比率だったのに・・・惜しいです。

久しぶりに”福山ローズ”を作成しましたが、やはりこの作品は何度作成しても良いですね~。
薔薇の花びらを折りだす工程がとても面白いです。
b0035506_18535542.jpg

「ダビデの星」です。
こちらも正方形に整形した紙1枚で作成しています。
不二家のキャラクター”ペコちゃん”の顔が星の中央から少しずれた位置に出ています。
”ペコちゃん”の顔を星の中央にずれずに出すには、中央の六角形の中心に顔がくるように正方形をもう少し小さく作る必要があるのですね・・・う~む、やってみようかな。
この”ダビデの星”も何度作成しても面白いです。
正方形から綺麗な6角形と6角形の星の棘がこれだけ綺麗に折り出せる・・・折る度に折り工程に感心してしまいます。
う~む、凄い。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

話題は変わって。
気になったニュース。
バッファロー、厚さ8mmの16GB USBメモリなど8モデル

8GBのUSBが3150円で16GBの5980円だそうです。
本当にUSBメモリは安くなりましたね~。
以前に1GBのUSBメモリを”大安売り”で購入したときは、”大安売り”でも3000円でした。
それが、今や8GBのUSBメモリでも3150円とは・・・技術の進歩は凄いです。
この調子ならば、後1年~2年ぐらいで32GB・64GBのUSBメモリも登場しそうですね・・・。

そして、USBメモリにOSを入れてUSBメモリからPCを起動して、必要なソフトも全てUSBメモリに入っていて、PCのデータはWebブラウザのキャッシュか多人数で共有するデータのみ・・・個人的な情報(OS、ソフト、データ)は全てUSBメモリで携帯電話(および財布、またはバッグ)のストラップとして持ち歩くという世の中に・・・ならないかな・・・。^^;
[PR]
by naru8090 | 2008-12-17 19:14 | 折り紙


<< ”ツリー”の作成。 ”川崎式両面ぐるぐる”の作成。 >>