15cm×15cmの折り紙を使用して”両面ぐるぐる”の作成。


布施知子さんの本「折り紙コレクション2 らせんを折ろう」のP34~P35で紹介されている”両面ぐるぐる”を15cm×15cmの折り紙を使用して作成しました。
b0035506_1822699.jpg

「両面ぐるぐる」を作成するためのユニットです。
ユニット数は、4個です。
ユニットは、15cm×15cmの折り紙を使用して作成しています。
ユニットは、昨日のものと同形です。
b0035506_1823088.jpg

「両面ぐるぐる」です。
写真1枚目のユニットを全て使用して組み立てています。
糊付け等は一切していません。
b0035506_18231744.jpg

立体を別の角度から見たところです。
昨日の小さい形も良いですが、大きな形も螺旋の形が見え易くて良い感じです。
b0035506_18245768.jpg

15cm×15cmの折り紙で作成した「両面ぐるぐる」と7.5cm×7.5cmの折り紙で作成した「両面ぐるぐる」を並べました。
作成当初は、昨日の2倍の長さ(4倍の面積)の紙を使用すれば、紙の折れ曲がる数が4回ぐらいは多くなる(螺旋の模様がもっと細かくなる)だろう・・・と予想をしていたのですが、実際は、昨日よりも折れ曲がる数が1つ増えただけで、少し驚きました。
昨日の7.5cm×7.5cmの折り紙で作成したものは折れ曲がる数が6回(頂点を入れれば7回)で、本日の15cm×15cmの折り紙で作成したものは7回(頂点を入れれば8回)でした。
2倍の長さの折り紙で紙の折れ曲がる数が1つしか増えないとなると、4つ増やす場合は、単純に計算をして元の長さの16倍(かな?)の長さ・・・7.5cm×16=120cmで、120cm×120cmの大きさの紙が必要ということですね。
120cm×120cmということは1m20cm×1m20cm・・・う~む、紙を用意して試してみようかな。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-12-13 18:42 | 折り紙


<< 珈琲豆の焙煎。 ”両面ぐるぐる”の作成。 >>